k8 カジノ k8 casino login – jonajackson.com

パチンコ 水戸 黄門 初代k8 カジノWindows 11における「Moment Update」の謎と続報仮想通貨カジノパチンコパチンコ パチスロ ゲーム アプリ

パチンコ 水戸 黄門 初代k8 カジノWindows 11における「Moment Update」の謎と続報仮想通貨カジノパチンコパチンコ パチスロ ゲーム アプリ

パチンコ 水戸 黄門 初代k8 カジノWindows 11における「Moment Update」の謎と続報仮想通貨カジノパチンコパチンコ パチスロ ゲーム アプリ

sankyo 台k8 カジノ

リゼロ 膝枕 スロット これまでの連載で触れた「Windows 11の機能アップデートの秘密」と題した記事の中で、Windows 11における「Moment Update」の概念について紹介した。従来、年2回単位でやってくる「大型アップデート(機能アップデート)」とは異なり、「22H2」などのバージョン名で呼ばれていた“大型アップデート”が「Windows 11 2022 Update」の名称で年1回やってくるのとは別に、より細かな機能アップデートが「年数回」単位で提供される仕組みとなっている。

細かな機能アップデートが続くWindows 11

 同記事でも触れているように、Microsoftは定例となるバグや脆弱(ぜいじゃく)性訂正のためのセキュリティアップデートを毎月第2火曜日(米国時間)に提供しているが、それとは別に機能修正や追加を行う「“C” Update」という月例アップデート“サイクル”も持っている。

 「Delivering continuous innovation in Windows 11」という記事のタイトルにもあるように、Microsoftでは“Continuous Innovation”という形でWindows 11に対する“定期的な”機能アップデートの仕組みを考えており、前述の「年1回の大型アップデート」に加えて、「“Servicing Technology”を使った“Periodic Update”(定期的なアップデート)」も行っていくとしている。

 はっきりとは触れていないものの、ここでいう“Periodic Update”とは単なる「“C”Update」とは異なり、Microsoft内で「機能アップデートの提供をある程度の“区間”を区切ったグループ単位」で考えているとウワサされている。

 一部にはこれを「Moment Update」と呼んでおり、その提供単位を「Moment 1」「Moment 2」のように呼称しているという流れだ。

Windows 11の“大型アップデート”は2022年9月にリリースされた「22H2」だMoment 1とMoment 2、そしてMoment 3

 この表現を多用しているのは、前回のレポートにもあるようにNeowinだ。概念としては従来ながらの“大型アップデート”があり、それに加算されるような形でMoment 1、Moment 2のように続く。オリジナルのWindows 11 2022 Updateは2022年9月20日(米国時間)に提供が開始されており、10月に提供された「“C”Update」が「Moment 1」に該当するとNeowinでは説明している。

 後述するが、続く「Moment 2」は2023年早期での提供が予定されており、本来であれば次の“大きな”機能アップデートは同時期にやってくるはずだが、実際には11月の“C”Updateではタブ付きエクスプローラといった機能が提供されるなど、前後で比較して“一番大きなアップデート”となっている。Neowinによれば、これはMoment 2でうたわれる機能が先行する形で導入されたもので、実質的にMoment 2の一部だとしている。

 このMoment Updateに関する概念は、従来の22H2のようなバージョン表記やビルド番号による区別が存在しないため、はた目からはその違いが判別できないのだが、もともとこのキーワードを紹介したWindows Centralのザック・ボーデン氏によれば、Microsoft内部で呼んでいる“コード名”のようなものであり、前述のContinuous Innovationを提供するにあたってのリリースサイクルを表しているという。

 同氏の最新のレポートによれば、下記の数カ月程度のリリース周期を見込んでいるようだ。

・Windows 11 22H2 Moment 2:2月または3月

・Windows 11 22H2 Moment 3:5月または6月

・Windows 11 23H2 Moment 4:9月または10月

 前述のように、11月の“比較的大きな”アップデートはMoment 1ではなくMoment 2に該当するものであり、ボーデン氏によれば、Moment 2ではどちらかといえば「タブレット状態でWindowsを利用するユーザー向け」の機能が豊富で、そのあたりは「タブレットモード時のタスクバー(表示領域が拡大してタッチ操作がしやすくなる)」や、「システムトレーの変更(表示されるステータスの情報が増える)」といった部分に表れている。

 詳細は同氏の記事を確認してほしいが、この他、全体に表示や検索機能などUI回りの変更点が多いため、操作性の改善を目指したアップデートが中心のようだ。

「Moment 4」の正体仮想通貨カジノパチンコテレビ 餌 日

モバイルバージョンを終了